無線LANと有線LANの違い~有線LANのメリット

「有線LAN」のメリットとしては、「無線LAN」のデメリットの裏返しがそのまま当たるといえます。無線LANのデメリットとは、①無線で電波を捕まえるためにセキュリティの面で不安が残る、②パスワードの設定などが多少面倒、③環境により通信の安定度が変わり影響を受けやすい、④固定回線の場合はオプションになるためプラスの費用が掛かり、モバイル回線の場合は別途固定費が追加になる、といった点が考えられますが、この裏返しが有線LANのメリットでもあるので、①有線接続のため通信を傍受される不安が少ない、②パスワードの設定が不要、③環境の影響を受けずに安定して一定の速度が保てる、④余計な費用負担の追加がない、ということになります。配線が煩わしい点では、さすがに無線LANのほうが便利で軍配が上がりますが、有線ゆえに通信速度が早く安定してくれるので、この点は非常にメリットが大きくなります。動画の閲覧やファイルのダウンロードなど、容量の大きい通信の利用においては、「早くて安定してくれる」これに勝るメリットはないのではないでしょうか?また、LANケーブルさえ接続できれば屋内でも場所を選ばないため、環境に左右されやすい無線LANよりも安定して利用が可能です。料金面でも追加の費用が発生しないため、特に問題なく利用ができることも案外大きなメリットかも知れません。「無線」と「有線」、それぞれ優れた点と劣る点はありますが、自分のニーズがどちらにマッチするかで選択するのが、ネット環境の良い選び方であるといえます。一般的にはデスクトップ型PCなど使用場所が動かない場合は有線、持ち運べるノートPCなどは無線のほうが相性が良いとされています。