無線LANと有線LANの違い~無線LANのメリット

WiFi環境における「有線」と「無線」の違いですが、
その名前のとおり、「線」(ケーブル)が「有る」か「無い」かの違いが一番端的なところだとは思います
。音楽を聴くときに使うイヤホンやヘッドホン。これも線(コード)の有る無しで随分便利さが変わってきますが、
当然コードがないほうが邪魔にならずに済むので、一般的には便利といえると思います。WiFiについても同じです。
では、「無い」場合のメリットとはいったい何になるのか?ですが、WiFi環境の場合の「線」とはつまり「LANケーブル」です。
LAN本体と無線LAN対応機器(例えばノートPCなど)をLANケーブルで接続する代わりに、
「WiFiルーター」へこのケーブルを指すことで、目に見えない電波がルーターから飛ぶことになります。
対応機器はこの電波を拾うことでインターネットに接続することができるようになりますが、
これで「配線」の煩わしさから解放されます。電源、電話線、LANケーブル。配線を1つでも減らせるというメリットです。
また、この恩恵で「持ち運ぶ」ことが可能になります。ケーブルの届く範囲外でも使えるというメリットです。
wifiレンタルはこちら
さらに、一般的にWiFiルーターは、複数の機器の接続に対応するので、
PCやスマホ、携帯音楽プレーヤーなどを同時にインターネットへ接続することができるため、
LAN本体のポート(差し込み口)数で制限されないという、「一度に複数繋げる」メリットが発生します。
まとめると、①配線不要(ケーブルレス)、②持ち運びが可能になる、③複数同時接続が可能になる、
の3点が無線LANのメリットになりますが、特に①と②は屋内での使い方を変えてくれる便利な点でもあります。
流行りのwifi使用例
最近流行りのwifiルータの使い方は車中泊などで道の駅で使う方々が増えているような傾向です。
ドライブ旅行で泊まるのは道の駅で!みたいな形でプチキャンピングカーみたいにしたハイエースなども
人気で、車内でのタブレットやPCの利用で地域を先に調べる方も増えているようです。
iphone修理 京都はこちら

注目記事